健康美髪

カラーで傷んだ髪にも育毛シャンプーは効果あり?

世界に住む人たちは、その国その国に特徴があり、例えば肌が白かったり黒かったり、髪の毛の色が金髪だったり黒かったり様々です。
日本人は黒い髪の毛が特徴的ですが、金髪の外人から見ると魅力的な黒髪も、日本人にとってはとても重く、老けた感じに見えてしまうということから、あえて茶髪に染めているという方も多いのです。
茶髪や金髪にすることで、印象がとても明るくなり、似合う洋服もバラエティに富んでいるからです。

しかし、染めるという行為は、頭皮・頭髪にとってダメージが多く、中でもカラーリングは、髪の毛の内部にしっかりと染料を浸透させるので、効果性は高い分、ダメージはとても大きくなります。
染めてしまった後で、染めなければよかったと後悔する人も多いのですが、しかし一度やってしまったのですから、髪のダメージケアに繋がり、髪の毛の染め上がり持続効果を保持する方法があれば、理想でしょう。
その一つに、育毛シャンプーがあるのをご存じでしょうか?

特に女性の髪の毛は長く、その分ブラッシングやドライヤーで、毎日酷使しています。
その上、カラーリングを使ってしまえば、益々パサつきのある、艶の無い髪の毛になってしまいます。
そこでお勧めなのが、女性用育毛シャンプーです。

細くて薄くなった髪の毛を丈夫にさせる育毛効果のあるシャンプーで、使えば使う程、コシが出て、太い髪の毛に生まれ変わってきますから、当然、カラーリングで痛んだ髪の毛にとっても、ダメージケアに繋がり、とても効果があるのです。
美容院でパーマやカラーリングをして、一見綺麗な髪の毛になったと錯覚してしまいますが、実は髪の毛はかなりダメージを受けており、そのまま使い続けることで、余計に頭皮に皮脂汚れが溜まり、頭皮の状態が悪くなるので、当然抜け毛や薄毛を助長してしまうことになります。
頭皮の状態が悪くなれば、かぶれの原因になるので、益々育毛効果は減退してしまいます。
育毛シャンプーは、毎日使うことで、頭皮や毛髪の状態を徐々に改善していく働きがあります。
育毛シャンプーはカラーリングやパーマをしている人に、特にお勧めなのです。

Copyright(C) 2013 髪に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.