健康美髪

10代の薄毛に育毛シャンプーを使用しても効果はある?

若い頃は毛がフサフサで、太くて艶のある毛髪の人が多いのですが、年齢の経過とともに、髪の毛の状態は悪くなってきます。
その為、30歳を過ぎた頃から、育毛ケアをしていくことが大切なのですが、最近では、10代・20代でも地肌が見えてしまい、薄毛に悩んでいる若者が多いようです。
若ハゲという言葉が出てくる程、社会問題的な要素があるのですが、原因としては、遺伝的なもの、生活習慣の乱れ、ストレス過多等が挙げられます。

最近の教育はとても厳しく、学歴社会は遠い昔の存在になりましたが、それでもやはり就職の際には有利とされており、若いうちからの勉強がとても大切なのです。
中には2つ以上の塾を掛け持ちで通っている子もおり、いい大学に入る為に親としても必死なのです。
しかし、その勉強・勉強の毎日が、知らぬ間に、ストレスを感じ、それが毛髪にまで影響していることもあるので、注意が必要です。

特に10代の思春期頃は、他の人との違いに敏感であり、見た目で劣等感を感じ、コンプレックスを持ってしまうと、益々ストレスが高まり、毛髪にとっても悪循環です。
そこで、摂取するだけで育毛効果があるサプリメントは理想的ですが、お金の無い学生にとっては、とても高い買い物になるので、もっと手軽にできる方法が良いでしょう。
お勧めなのが、育毛シャンプーで、毎日の洗髪に使うシャンプーを育毛タイプに変えるだけなので、特に問題なく、使用できます。

ただ、普通のシャンプーよりは若干値段が高めというのが、玉に傷ですが、健康的な髪の毛を維持したいと思うのであれば、継続出来ると思います。
通常のシャンプーでも育毛シャンプーでも言えることですが、すすぎがとても大切で、シリコンが配合されたシャンプーでは、しっかりとすすぎをしないと、頭皮に残り、皮脂汚れとなって、空気中の埃と混ざれば、炎症を起こしやすくなります。
その為、頭皮の汚れをしっかりと取り除く頭皮マッサージとすすぎをしっかりと行うことは、大切な要素であり、基本ですから、育毛シャンプーを利用して毎日行っていけば、20代、30代になっても、健康的な髪の毛を維持できるでしょう。

Copyright(C) 2013 髪に欠かす事が出来ない栄養素 All Rights Reserved.